お知らせ
ビールを飲む男性

肥満は見た目で太っていたり体重が増えていたりするだけでなく、見た目は痩せていて体重も軽い場合も内臓に脂肪がたまっている隠れ肥満の場合もあります。
肥満の定義ではBMIと言われる体格指数が25以上で、ウエストの周囲が男性の場合は85cm以上女性は90cm以上とされています。
分類も細かくされており、BMI値が18.5から25未満は普通体重、25から30未満は肥満度1、30から35未満は肥満度2、35以上を高度肥満としています。
肥満になるとたんぱく尿が出たり、腎障害が起こったりすることあり合併症を引き起こすことが多くなります。

診断基準に必要な合併症としては2型糖尿病、脂質異常症、痛風、高血圧、心筋梗塞や狭心症などの冠動脈疾患、脂肪肝、脳こうそくや脳血栓症、月経異常や妊娠糖尿病、睡眠時無呼吸症候群、腰痛、変形性関節症、腎臓病があります。
大腸がんや乳がん、子宮内膜がんや胆道がんも太っていることが原因となっています。
体脂肪は体にとって大事なものですが、過剰についてしまったり、どこについたかが問題になります。
糖質や脂質は体を動かすエネルギーとなりますが、多くとってしまった場合は中性脂肪として内臓に蓄積されてしまいます。
特に皮膚の下と肝臓につきやすいため、二の腕の肉がついてきた、お腹がぽっこりしてきたという場合は皮下脂肪や内臓脂肪がついてきたと考えることが大事です。

また、女性の場合はホルモンの関係で閉経前は皮下脂肪がつきやすいですが、閉経後は内臓脂肪がつきやすくなります。
体型から判断できないこともあるので、体脂肪計を利用したり、体重を20代の体重と比較して10パーセントほどの増加にとどめたりすることが大切となってきます。