• ホーム
  • 脂肪溶解注射で肥満を解消し献血に協力

脂肪溶解注射で肥満を解消し献血に協力

体重計に乗っている女性

肥満の方は、献血を行おうとした時に断られてしまう可能性があります。
献血時に、肥満が原因で断られてしまう理由は、複数あります。

まずは、的確に血管に針を刺すことができないということが挙げられます。
肥満の場合、脂肪分が多いので、本来青く見えるはずの血管を目視で確認することができずに、針を刺しにくいのです。
何度も刺し直すと、身体に負担が生じるだけではなく、痛みも伴いますので、予め献血が断れてしまう場合があるのです。
こうした肥満体型を改善するためには、色々な対策方法があります。

エクササイズや食事改善を行って改善させる方法など様々ですが、最も苦労しない方法が脂肪溶解注射です。
脂肪を溶かすことができる成分を脂肪に対して直接的に注射することにより、運動などを行って脂肪を燃焼させなくても小さくすることができるのです。
ただし、強い成分を体内に注射することになるので、副作用などのリスクが大きいのも事実です。

こういったリスクのある脂肪溶解などの注射を行ってまで肥満を改善しなければならないのには、理由があります。
それは、肥満が引き金となり、様々な病気や障害が生じるためです。
特に患者数が多いのが、膝の関節が変形してしまうという病気です。
膝の関節部分において、クッションの働きをしている軟骨がすり減ることで生じたり、筋力が低下することで発生します。
結果的に、膝の関節部分が変形してしまい、炎症が生じて強い痛みを感じることになります。
比較的、若年層に起こりにくく、年齢を重ねることにより発生すると言われています。

また、睡眠時に無呼吸症候群にもなりやすいなど、命に直結してしまう症状に悩まされることになるので、肥満は早いうちに対策しましょう。